獅子座新月のこと

  • 2017.08.21 Monday
  • 02:02

22日の 獅子座新月図を見てのメモ

 

わたしであることを 強く打ち出すのなら 足下から変わってみたらどうだろう? じぶんが 現在 本当に向かおうとしてる 場所へ行くのなら 孤独を引き受けたらどうだろう? なんとなく誰かと一緒にいると安心するとか そうしたものは 時に 進みを妨げたりもするんじゃないか? ひとりでいることを 受け入れることで それぞれの 太陽をもっと実直に表現できそうだ 誰かの為にとか 控えめなふりした愛情と名づけたものは 要らん想いからくるものかもしれない その気持ちを 本当に 情緒あるものにするには どうしたらよいだろう? 余分な愛情と名づけているものは どこかへ流せたらいいのにね 流してもどこかを 漂うのかは わからないが 要らん執着を 放せると 開けごま!って 己の道が見えてきそうな 新月です

めし 食わにゃならんが

  • 2017.08.18 Friday
  • 01:39

最近思うこと 最初に見えた!と 思っていたことは やっぱり 見えてたんだなということ 錯覚かよとか 思ってたけど そうでもなかったんかな  で その見えてることについて 考えてると 何かがずれてって 生活が揺らいだりもすんだけど ある程度 要らんもんは 放しても 問題ないだろう で 見えたってものを また じっと見てると その先が 見えてきて もっとその先が 見たくなる そんな感じで 時間が過ぎていくのかな どうかな まぁ めし食わにゃならんけどさ  この年齢だからとか 男性だからとか 女性だから 親だからとか で押し寄せる何かって 本来 幻想ちゃうか? 去年 ライスワークの仕事が無いときに 畑を手伝うバイト行って その日の 食料調達して どうにか 食料確保したり いろいろ やって その日暮らししてたけど けっこう どうにかするもんだね どうでもいい 幻想を相手にするより 見えてるもの 信じてたら いいんじゃないか  とか 投げかけておこう しつこく 信じてるから 孤独もたのしいもんだけど どっかに じぶんと 何かが 伝わり合う関係は あったら よりいいなぁ それも 幻想かもしれないけど 気配くらいは 残るもんだろう? と 信じてる

 

9月のホロスコープ勉強会

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:16

9月7日 木曜日 15〜19時 参加費 2000円 場所 枡野書店さんにて 今回 テーマは未定です その場で取り上げたいホロスコープを持ち寄り 見ていく予定ですが 内容は その場でリクエストも可です お問い合わせ uranai-to-coffee@@ezweb.ne.jp    @を1つ取って送ってください  お待ちしております!!

 

参加者の方にも心配されている参加費の設定なんですが 勉強したい時間ある時に 一番 金が無いとなって 受講できない数多くの経験から この設定にしています よかったら 珈琲等を 注文してくださると 大変ありがたいです!!

出し惜しみはない 勉強会です 初めての方にも 言葉にしてもらってます よろしくどうぞです!

 

阿佐ヶ谷 枡野書店

臨時鑑定のお知らせ

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:08

 

8月18日 金曜日 12時〜17時の間

8月21日 月曜日 19時〜22時の間で おひとりの方と1時間のセッションします!

 

ホロスコープを使用しての鑑定になります 料金 60分 5000円

 

場所 高円寺駅近くの喫茶店にて

 

お申し込みは uranai-to-coffee@@ezweb.ne.jp @を一つ取って送ってください

 

生年月日(時間もわかる場合は時間と出生地〜市くらいまで)をお知らせください。

相性等みる場合は お相手の出生データもお願いいたします

 

占うひと 菊池ペコ 毎週木曜日 枡野書店さんにて 喫茶と占いの行商をしています 

 

 

その名は 口にしない

  • 2017.08.12 Saturday
  • 15:34

3歳くらいからだったか かなりの期間 一緒に住んでいた祖母に 「お前なんか 生まれてこなければ よかったのに」と日常的に 言われ続けた 記憶は曖昧になってきたけど バイオレンスな日々だった 気がする 母にはよく 「とにかく はいって 言っておけ」とだけ言われる 父は存在そのものが 希薄過ぎて 声をかけられた記憶もあまりない で寝る前に 天井を眺めていると なんで これを見てんだ 見えてんだって 思う なんなんだろうって 今日もわからない わからんなぁって 眠る で起きると また 天井が見えるんだ で 不条理だけど そこに  居ることにした 母は休むまもなく 働いている 「食べれることが 一番」って とにかく 働いてる姿しかない 祖母のわがままも 流すように過ごしていた じぶんの年齢では どっかに行く 何かも持っていないことも 受け入れて過ごした 父 祖母 母の 順番で亡くなったけど 亡くなるたびに あの時間はなんだったんだろうと思った 母が亡くなった後 3回くらい会っただけの人と 籍を入れた 名前を変えたかったんだ そうして 名前を変えるまで 言葉が 出なかったんだ なんでか わからない 祖母が亡くなるまで 呼びかけたこと 無かった で その人と同じ 姓で その人が 付けた 名前を 声に出すことを 拒否し続けた じぶんが いたのだった

近況を 話す

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 00:37

山の上の友人の声 久しぶりに聞く 「元気やった?」 「まぁ ぼちぼち」 「変わらんか?」 「前 話したの いつだっけ?」 「だいぶ前だよね 3月くらいだっけ?」 「そうだっけね」 「そういや Tに会ったよ」 「いつ?」 「つい最近 こっち帰ってきてさ 相変わらずよ」 「前も会ってなかった?」 「あれは 冬休みの時だね」 「あいつ そんな 帰ってきとるんか」 「夏と冬だけかな そっちは 帰らんの?」 「帰らんね もう 随分 実家にも 帰ってないよ」 「休みは 取れるんやろ?」 「3日くらいあるけどさ どこも いかん」 「相変わらずやね」 「そっちは どうよ?」 「まぁ 休みもほとんどないわな」 「こっちは 次どうすっか 考えてる 辞める方向で」 「へぇ ようやくか」 「そうだよ」 「でも やっぱり 辞めるんだね」 「そうだね それは そうする 不安はあるけどさ」 「こっちも いつ 辞めるかな」 「辞めんの?」 「どっかで 辞めるよ」 「そうか あと また 東京行くことになると思う」 「出張?」 「そうだね」 「また どっかで 会おう」 「そうだね どっかで」 じゃ またと 切る Iにいつも 浮世離れしてる感じだと 言われたが そりゃ そのまま返すよ でもさ 今日 星を見ていて 気づいたよ なんか 知り合ってから ずっと 時折 会うだけだったんだけどさ ここ4年くらいじゃないか? 先に進むんだ どうにかって 感じで 話したりするように なったのは  「22歳から 20年も経ってんだよ すごいよね」って言ってたけどさ じぶんもそうだし Iも Tもかな なんか 似たような場所で うろうろしとった感じだけどさ やっぱり もっと 未開の方向に 出てくしかないって なったのは ここ数年だよな 進み 遅いけど まわり見て何かできるわけでも なかったからな さらに わからんけど そっちに Iもおるなぁ Tあほやなとか 気配から 元気もらっとるよ しかし ほんと どこ向かってんだ? ますます わからんよな 

労働雑記

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 10:17

今まで ライスワークで 亡くなったひとを たくさん見てきた 0歳〜108歳まで 亡くなり方も 全て違うし 送る人たちの 事情もそれぞれだ つい最近も 40代前半の女性のお支度を 手伝わせてもらった 治療によるものだろう 髪が抜けていた でも いくつもの カラフルな ニット帽で おしゃれしてたんだろうなと 持ち物を見てわかった 全て整えた後に 「帽子じゃ かわいそうだから 綿で隠すようにして きれいに」と言われ 担当者の指示には 従うしかないが 何か 腑に落ちなかった でも ご家族の方は すごく穏やかで 静かに見守っていた もう成人しているであろう 娘さんも じっと見ていた 現場 離れて あっ と思った 腑に落ちなかったのは かわいそうって言葉に 反応してたんだ もちろん 早い死ではある でも かわいそうって 誰が決めてんだ? じぶんは ほとんど 感情が 波だったりしないまま 作業する ただ 整えていく 気配を見る そうそう かわいそうなんかじゃないよ 

音 出して 輪になって 踊れ

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 02:13

4月から 7月まで  音をみんなで出してみようという テーマのワークショップに ちびと通った 合計4回 そのワークショップの 発表会が 日曜日にあった 前日 ワークショップ終わり 帰りの電車を 待つホームから 花火を見た 「みんなと まだ 居たかったよ」 「また 明日 会えるよ」 朝起きて 「もう あの場所 無くなっちゃうの?」 「使えなくなるみたいよ」と伝えると 急に泣き出す 「今日 みんなで 音出すの さいごだからさ 行こうや」 会場の高円寺まで もう 演奏は 始まってて その音を 会場の外から 見ていた こっちおいでよと 中から声かけられ ちびはひとりで入っていき 音を聞いていた 休憩あって それから ワークショップ参加者も加わっての演奏 ちびとじぶん 以外は 得意の楽器を手にしている スタッフのTさんに 音の出るものを借り 演奏に加わった 端っこから 音を出した ちびが 書いた言葉も 曲となって 演奏された ちびは蝉の抜け殻を見ていた 演奏終わり みんなに 「バイバイ」と行って 会場を後にした 「おなか 空いた」 というので 高円寺から 野方へ 自転車 走らせる 喫茶店に入り 珈琲 ミックストースト チーズケーキ チョコケーキを注文 ちびは 初めて行く場所では 必ず ちょっと距離を取るんだけど 「今日は みんなの 側に行ったね」というと 「みんなのこと 好きだから 近くに 居たかったんだ」という そうか 「ごちそうさまです」 「1100円ね 何年生?」 「6さい」と答えると 「1年生?」 「ううん」 「年長さん?」「そう」 「大きいね」 「これから 盆踊りに行くんです」 「八幡の?」 「そうです」 「気をつけていってらっしゃい」 「はい ごちそうさまです」 お店出て 「バイバイ タッチね」と お店のひとに タッチした それから 盆踊りの会場に行き そこでまた ワークショップで一緒だった人たちと 会えた ライブもやっていて ステージを眺めたり 歩いたり で 盆踊りの時間になって まず 踊りの見本を見ながらの練習タイム それから 音流れて ちびは 「踊っていい?」というと ひとり 輪の中に入っていき 踊り始めた 隣の人や 前の人とも 一緒になって たのしくてなって さらに 「次も 踊る まだまだ 踊る」 と ワークショップでなかよくしてもらった 人たちにも 「踊ろうよ」と 一緒の 輪になっていった 盆踊りには 何度も行ってるけど いつも 踊らずに 見てるだけだった へぇ 踊るんだなと 思いながら見ていた 獅子座新月の夜だった 昨日ちびがメモ帳に書いていた 言葉 「Nちん すごい すごい Nちん すごい すごい」 じぶんで じぶんをたのしいと 思えたら それは どっかに飛んで 伝わるよ こっちは 40を過ぎて それを また 模索しながら やってみる そこに 場所がある 誰かにとってかもしれない わたしにとってかもしれない 誰のものでもないかもしれない 

8月の ホロスコープ勉強会

  • 2017.07.20 Thursday
  • 16:35

8月の ホロスコープ勉強会

 

8月3日 木曜日 15〜19時 参加費 2000円 場所 枡野書店さんにて 今回 テーマは未定です その場で取り上げたいホロスコープを持ち寄り 見ていく予定ですが 内容は その場でリクエストも可です お問い合わせ uranai-to-coffee@@ezweb.ne.jp    @を1つ取って送ってください  お待ちしております!!

 

阿佐ヶ谷 枡野書店

夏は 占いが お得です

  • 2017.07.20 Thursday
  • 15:47

暑いですね 夏ですね 今 行商中ですが お客さんこんよー 暑いから 当たり前かな なので 暑い中 来てくださった方に 何か おまけしたいので 

7・8月限定ですが 占いメニュー 17時まで 20分 1000円〜 17時以降も 10分 1000円〜と 割引してます ホロスコープを中心に 占いますが 質問内容により カスタマイズしますので ぜひ お立ち寄りください!! 

 

 

阿佐ヶ谷 枡野書店

ホロスコープ勉強会で やっていること

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 23:06

月に一回 ホロスコープ勉強会やってます 何してるかというと 決めたテーマを元に しつこく しつこく ホロスコープを見ていきます その場にいる人全員で 

ホロスコープを勉強して 何がしたいかは それぞれに 違うと思いますが 鑑定をできるようになりたいという人もいるので 基本的には 鑑定する為に 必要な基礎知識を 勉強していきます 

 

で 自分自身は 鑑定を始める前に 5年ほど 基礎的なこと 象徴を繰り返し 掘り下げていました 鑑定では 鑑定に来ていただいた方と ホロスコープを見る側との エネルギーがどこかで 作用する気がしています なので 鑑定を始める前に 自分のネイタルのホロスコープを 掘り下げて理解することは 重要だと思い 何度も繰り返し ご自身のホロスコープを 見てもらう作業をしています 自分の月の状態 水星の状態 太陽 金星 火星・・・  自分の癖や質を よく知った上で 他者のホロスコープに対して どんな言葉が出されるか よりフラットにホロスコープを見ることができるか? そういうことを しつこくやってます  あと 結局 対面の鑑定は 時間も 10分で見る場合や 1時間で見る場合等 まちまちで その時間内で 自分の言葉を信じて 発することができるか? 伝えられるか? という部分も重要で だから その場で 参加した人が それぞれに 声に出してみることと 占星術は さまざまな技法がありますが まず オーソドックスな技法でどれだけ 読み込めるか?を軸に 進めています 

 

4時間越えるくらい 長丁場の勉強会ですが 初心者の方から 参加できますので お時間ありましたら ご参加ください 参加費は2000円 

 

文章で書くと こんな意図でやってますが 来てみると おもろい場には なってると思います 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM