米を買いに行く

  • 2017.06.22 Thursday
  • 16:19

早稲田駅近くの 本屋でIと合流する 本屋を出て 「米を買いたい」というので 米屋に向かう 夏目坂を上がったとこにある 米屋に入り 「これとこれ 玄米のままで5キロづつ」 たまったスタンプカードを図書カードに交換し 店を出る「米こんな 買う必要あるか?」 「もう 買う時間もないし」 「そうか」 坂を下り 細い路地を入り 植物が生い茂るIのアパートに運ぶ 共同の玄関上がり 階段を上ると 右手に共同の台所 廊下突き当たり 左側の角部屋に 米入れる 窓を開けると 木々が見える 六畳一間には 片付けられていないまま 荷物が置かれている 「片付けてないな」 「何も しとらんよ どうにか なるやろ」 「そうか 結構あるな 当日 早くからやらんと 間に合わんかもな」「外 行くか」 外出る 「喫茶店行くか」 喫茶店入り 「何でも頼んで」と言ってくれたが 「珈琲もらうわ」 「こんな時間は もう 無くなるんだろうな」 「そうかもな」 「図書館と 離れるのは きついな まだ 読めてないものが たくさんあるんだよ」 「そりゃ そうだろう 自分が読みたいものを 自分で書いたらどう?」 「学生の頃は そんなことも 考えたな」 「今は?」 「わからん」 「そうか 自分は 言葉にしていない 時間が長すぎたよ 声に出さなきゃならんかも」 「へぇ」 「ぼちぼち 帰るよ」 「こんなとこに 公園あったっけ?」 「あったよ」「知らんかったな じゃあ ちょっと 歩いて帰るよ」 「またね」

射手座 満月の夜に

  • 2017.06.15 Thursday
  • 16:59

久しぶりに 一日休み 朝から 銀座へ向かう 銀座風月堂の外から 二名良日さんの大きな 植物の輪を眺める それから 有楽町駅近くの喫茶店で モーニングを食べ 映画館へ エリック・ロメール特集 会員割引で1000円デー 「冬物語」 「獅子座」と二本見て 九段下へ移動しようか迷ったが 満月の日なので 「満月の夜」も見る 見終わって 階段のところで 友人Nに遭遇した ロメールについて話しながら 階段を下りる すこし飲もうとなった 「九段下にいくけどどう?」「いいよ」というので 丸の内線で 御茶ノ水へ そこから 神保町抜け 九段下の武道館へ 途中スーパーで酒を買い 武道館に近づくと 「シニタイヤツハシネ」が 聞こえてくる 「ピーズって バンドのライブなんよ」 「ふーん 知らないけど」 聴きやすいところを確保し 酒を飲みながら 聴く 「音楽のない生活してるから 全然わからないけど いいもんだね」 「20代の時に ピーズものすごく聴いてたんだよ 四畳半の部屋で」 「僕は 洋楽ばっかりだったから わからないんだよね」 「月 よう見えるな 満月だもんね」 「そうだよね」 「満月の夜ってさ あんな映画だったんだね あの女優さんでしか 成立しない映画だよね」 「そうだね あの声とか 最後 ああいう人にしか見えないもんね」 「そう あの浮遊感 男性から 夢のような存在として投影されながらも 結局 男性が選ぶのは 現実に在る女性を選ぶというのが なんともだね」 「結局は そうなるもんだよ」 月 見えたり 雲で隠れたり 新曲 「異国の扉」 「日が暮れても彼女と歩いてた」 いつもながら いいライブになってんな 中の盛り上がり想像しながら 月を見る アンコール 「何様ランド」 「グライダー」 ライブで聴く 「何様ランド」って ぞわっと来るんだ なんだろう ずっとピーズの音を聴きながら だれかの表現に乗っかるだけじゃ もう いられんのだと思った 投影はもうしなくていいんだ そう思った ロメールの「冬物語」 勝手な解釈だけど 自分の中の 見えている 光を信じるように 生きていく そんな映画に 感じたんだ 何かの苦悩を 何かで紛らわすんじゃなく 自分の中にある光を 信じるよ そんで その時々に 最善な選択をする ライブ終わる頃 月隠れちゃった 一緒に 外で聴いていたNは 「帰り遅くなっちゃった 怒られるかな」 といいながら 九段下から 電車に乗った

プログレス新月にて

  • 2017.06.04 Sunday
  • 23:21

ちょうど 枡野書店さんで 行商させてもらっての 一周年が プログレス新月ジャストで ござんした 5月11日 蠍満月の日 11ハウス 山羊座11度で 起った ネイタルの冥王星とスクエアだし まぁ 終わって 始めるかって 感じです プログレスの新月で描いたものは プログレスの満月あたりで なんか ふつうに やれてるようになるって よく 聞くんですが どうだろう? 去年あたりは 10代の時に ものすごく指針を 勝手にもらった 演出家の 松本雄吉さんが 亡くなったり ゆらゆらと 続く関係の 友人たちとも それぞれに やること増えたのか たまにしか 会わなくなったり ある時期の 何かしらのものは 終わっていく 感触は あったんだけど それと引き換えでは ないんだろうが 枡野書店という場所で 新たに 出会えたひとたちもいて 大変 ありがたし 感謝しております まぁ プログレスの新月なので 何か イメージするとしたらさ 何かしら こうした場を やっていきたいもんだ  野次馬だからさ まだまだ うろついてんだろうな せっかく 生まれたもんだから 出来るかぎりの見物をしたいもんでね 最近は ライスワークの比重が重くて 押しつぶされる寸前のとこを 隙間 泳いでますが どうぞ ご贔屓に 

7月の ホロスコープ勉強会

  • 2017.06.04 Sunday
  • 22:36

7月6日 木曜日 13時半〜17時半 南阿佐ヶ谷 枡野書店にて 参加費2000円

 

テーマ アスペクトについて2回目

 

先日 アスペクトをテーマに 勉強会をしましたが もう少し 掘り下げてやったほうが よさそうに思えましたので また アスペクトについて やっていきます

 

出生のホロスコープだけでも かなりの情報量で アスペクトを見ていく段階で 複雑に感じられるんだなと あらためて わかったこともありました

 

各惑星ごとの アスペクトも一つづつ 参加される方と言葉にしていこうと 思います 

 

サイン ハウス 惑星 この要素が どのように 影響しあうか 掘り下げていこうと思います 

 

ぜひ ご参加ください お待ちしております!!

 

お問い合わせ uranai-to-coffee@@ezwb.ne.jp   (@を一つ取ってください)

 

 

税理士さんとの お茶会

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 17:02

6月1日 18時半〜20時 

 

税理士さんが 枡野書店に来店しますので フリーランスや 起業のこと お金に関することで 質問ある方 ぜひ お立ち寄りください

 

来てくださる税理士さんは 個人で税理士事務所を開いておられます  大手銀行で正社員として勤務したのち 劇団の制作として活動 その後 税理士資格を取得し フリーランスの方や ちいさなお店を経営されている方の 相談を受けられています 

 

お金のことで 相談したい方 ぜひ どうぞ 参加費は 1ドリンクオーダーとなります

問うこともなく 時間は過ぎる

  • 2017.05.22 Monday
  • 10:05

山の上の友人にと 久しぶりに話す 「元気?」 「随分 間が空いたね」 「そうかな?」 「1月とか 2月とかだったっけ」 「そうかもしれんな 変わらんでしょ? まだ 山だっけ」 「そう 山だよ」 「こっちはさ 休みがない状態だったかな」 「忙しいの?」 「ぼちぼちあるよ」 「そうか こっちは 休みは取ってるけど 外出もしてないよ ほとんど」 「そうか 来年は 出るの?」 「そのつもりで 準備はしてるよ お金の方も だいぶ 清算できたよ 次のボーナスで 終わりにできるかも」 「すごいな そっちに いた方が ええちゃうか」 「それは いいよ」 「こっちに 居た時と だいぶ 変わった?」 「そりゃね そっちは 何か あった?」 「特にはないけども ちびを 通して あらためて 世間と接してみてさ 何が 苦手だったのか わかってきたよ」 「何?」 「親同士の集まりとかさ 何でもそうなのかな あなたは何者ですか?って 問われるような場が 苦手だったみたいね でも最低限 こういうものでございますってのは 伝えた方が 相手が 安心するみたいだからさ そう 振舞ったりは するように なったかもね でもさ 人でもさ 物でもさ 居りゃいいよって 感じで 思ってるからさ 何で あなたは そこに 居るのですか?って 問いがさ ナンセンスに 聞こえんだけどさ 何者かでないといちゃいけないような 空気ってどっか あるんかもね そういうことから ずっと 距離置いてきたからさ わかんなかっただけでさ」 「あんまり 振り返って考えずに 暮らすものかも しれんよ」 「そうかもな 偏屈なのは わかってんだよ でもさ 居りゃいいじゃんって なんだよ そっから 話すとかだと 話やすいんだけどね 遅くまでわるいな 切るね」 「いいよ 別に」 「寝るしさ おやすみ 元気そうでよかったよ またな」 「ありがとう」 Iとなぜ 話すようになったのか よう わからんけど 結局 そこに 居っただけなんだな 問うこともなく ともだちってのは そういう ものかも しれんね

謙虚なふりした 偽善者がきらい

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 14:35

「謙虚なふりした 偽善者がきらい」と 唐突に知人に 送った 「どうしたの?」と 心配されたけど 言葉の通りで 誰かの役にたっていないのではないか?とのじぶんへの問いで自己嫌悪 一見それは 謙虚に見えるが じぶんには 誰かに影響を与えるだけの力があるかを 問うているのではないか? じぶんの欲望をどこかしら 抑圧しているひとに 起こることのような気がする 欲望を持つのはわるいことじゃないさ 下世話なじぶんもわるくないさ というひとからの肯定は拒否するんだ いいけどさ 抑圧 コントロールできなくて 起こす行動に なんともいえん気分 ひとと付き合う時は 肯定しながら せめぎ合いたいんだけどさ 最初から 何も 肯定してなっかたってのが  一番きつい打撃だよな そこに 居るだけを よしとしないのは さみしいもんだよ

 

帰り道にて

  • 2017.05.12 Friday
  • 00:56

行商終わり 店を閉め 度々寄ってくれている 友人Nと 途中まで 帰った 「今日で 一年なんだよ」 「そうか」 「よく 持ったよな」 「でも ああいう場所あったほうが いいよ 来るたび 濃いひとに 会えるし 手ごたえあるでしょ?」 「そういうのが ないんだよ 結局さ じぶんが こうしたいとか ないからさ その時 その時で 常に 違うっちゅうかさ なんか 来た人が つくるでしょ 場ってさ だから 毎回 違うし そんでええかとかさ 商売としちゃ どうなんかね もうちょい やりよう あるんかな あるんだろうね」 「そこ 追求すると 難しいでしょ?」 「そうね バランスだよね」 「行くの おもしろくなってるから 続けてよ」「まぁ やってみるけどさ あとさ 文章でさ しゃべらないイメージあったとか 言われんだけど そういう もんなのかね」 「元々 知ってて 読んでるから わからんけどね まんまだし」 「まぁ ええか なんでも」 じゃあと別れる Nにも ほんと感謝だな 最近なぜか BL漫画を手土産に 寄ってくれてる で 居合わせたお客さんと BL談義して 帰ってく 海辺の町の 市場の中にある 喫茶店とかの 風景に近い場に なってるかな 来週も プリンでも ゼリーでもない ババロアが 木曜日の 枡野書店で お待ちしてます 

 

蠍座 満月から出た言葉

  • 2017.05.11 Thursday
  • 11:19

わたしの 右手をつなぐもの わたしの 左手をつなぐもの 

 

分離したわたしを 平衡にしてくれていた

 

あそんだ砂場は 今も あるんだ 深いところに

 

もう 行かなきゃ ならない

 

走りながら 思索は 駆け巡る

 

天頂で 踊ろうか?って 声がして

 

踊り方 わからんけど 踊りだすんだ

 

いろんな音が してくる 整った音じゃない 

 

手を離す 空になった 両手で じぶんの 身体に触れたんだ

労働雑記

  • 2017.05.11 Thursday
  • 00:58

連休中も 労働しとった 現場に 行ったら  喪主である息子さんから 「親族にも 話しては ないので」 と言われ 「だいじょうぶですよ」と 声をかけ 他の 立会いする人たちも 集まり さいごの 支度を 手伝う でも なんか 穏やかに 感じるんだよな 気配が 途中 息子さんが お経を唱え たくさんの折り紙や すきだったもので 飾った 「なんか 家にあっても つらくなっちゃうから」と 花や 本人が折った さかなや とりや はなでも 飾る 終わって 「すごく 救われました ありがとね ほんとに よかった」と テッシュに包んだお札を渡される 担当者の方が 受け取っていいよと 合図してくれたので 「お心遣い ありがとうございます」 と 頭を下げた  救われたって 言われたのは 初めてかな なにか 人の為にとか そういうことは 思ったことなくて 気配を見てるだけなんだ 整えながら 気配が 混ざってくような そんな感じ 例えばだけど 人とか 石とか プラスチックの違いもようわからんとこあるくらい 気配はどれにでも感じる 人だけが特別じゃないしな てなこと考えて労働してる時もあるな 外出て スタンドカフェで アイス珈琲頼む 「お近くですか?」 「いや 仕事でたまに来るんですけど あの あそこにあった 喫茶店無くなったんですね」 「そうですね このあたりも けっこう 変わってきてますよ」 「ここ いつからですか?」 「去年の秋からですよ」 「そうですか 気づかなかった」 また 寄ります ごちそうさまと 店を出た ライスワークでやってることも だれかにとっては それが 救いに なるのか 発見だな 大往生といわれる年齢のひとでも ただ たんたんと 生きてるわけでも ないのかもしれない わからんもんだな もちろん 若いひともそうだし ある地点に それぞれ いるんかな 

6月のホロスコープ勉強会

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 23:35

6月1日木曜日 13時〜17時 枡野書店にて 参加費 2000円

 

「アスペクトについて」 ホロスコープの基礎を勉強する会です サイン ハウス 惑星と 見てきました

 

6月は アスペクトをじっくりやります ホロスコープの勉強を始められたひとでも 「おもろいな 星は」と 思ってもらえるように進めていきますので 安心して いらしてください お待ちしております!!

 

お問い合わせ uranai-to-coffee@@ezweb.ne.jp (@1つ消してください)

 

告知での 内容説明が 少ないので どんな感じか不安な方 かなり しっかり勉強できる会には なってます 騙されたとおもって一度 ご参加ください !!

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM